情報公開information disclosure



基本理念

『やさしさあふれる健康福祉のまちづくり』

 私たち洞爺湖町社会福祉協議会は、「第2期洞爺湖町地域福祉計画」で定める基本理念『やさしさあふれる健康福祉のまちづくり』を基本に策定した、「第2期洞爺湖町地域福祉実践計画」の実現に向け、多様化する地域課題を解決するため、行政や地域住民と連携・協同し、地域に暮らす全ての人々が、共に支え・助け合い、安心して暮らせる福祉のまちづくりを推進します。



洞爺湖町社会福祉協議会定款

定 款
社会福祉法人 洞爺湖町社会福祉協議会定款


令和4年度重点項目


重点項目1

  「第2期洞爺湖町地域福祉実践計画」に基づき、高齢化社会に対応した福祉施策を推進し、地域で暮らす高齢者、独居、認知症などの方々が、安心して生活を送れるよう、行政・地域・ボランティアと連携・協働し、安全・安心の地域づくりに努めます。


重点項目2
 社会福祉協議会が運営する「ホームヘルプ事業・デイサービス事業」については、利用者に求められるサービスを第一に、サービス内容及びサービス提供体制の安定化を図り、利用者に喜ばれる介護サービスの提供に努めてまいります。また、永年の課題となっていた「看護職員」が確保できたことから、看護師常勤体制による安定したサービスの提供に努めます。

重点項目3
 認知症予防対策として実施している「はつらつ楽習!脳の健康教室」は、予防効果が高く期待されることから、高齢者がより参加しやすいよう開催場所等を工夫し、ボランティアの協力のもと参加者に好評な送迎を本年度も導入し開設します。
 また、「介護予防」の重要性並びに必要性を、町民に対し社協広報誌等を活用し、啓蒙普及を行ってまいります。

重点項目4

 「手助け隊事業」及び「はつらつポイント事業」は、ボランティア事業の柱として町民に定着しています。しかし、事業の担い手となるボランティアの高齢化が顕著となり、人材の新陳代謝が必要な時期を迎えており、町内に潜在するマンパワー、特に、若い世代のボランティア参加が課題となっています。このことから、社協として、広報誌等を活用した募集活動に取り組み、ボランティア事業の安定化ときめ細やかなサービス提供体制の構築に取り組んでまります。

重点項目5

 令和3年度自然災害や将来的に予想される有珠山噴火など災害等の発生への備えとして、地域の復旧・復興及び被災者支援に大きな役割を担う災害ボランティアセンターの設置・運営を円滑に進めるため、洞爺湖町社会福祉協議会として「洞爺湖町災害ボランティアセンター設置・運営マニュアル」を策定し、行政との調整を行っている段階となっています。
 令和4年度は、本マニュアルの実効性を高めることを念頭に、行政と「災害ボランティアセンター設置運営に関する協定」の締結に向けた作業を進めてまります。

重点項目6

 町民に、信頼され頼られる社会福祉協議会を目指し、地域が抱える福祉課題を真摯に受け止め、その解決を図ることを目的として、役職員がともに地域福祉課題等を共有するため、初の試みとして「役職員勉強会」等の開催により知識の研鑽を図り、役職員が現状を共有したうえで、福祉のまちづくりを推進します。



報告・決算



バナースペース


バナース
ペース


社会福祉法人
洞爺湖町社会福祉協議会

▽本所
〒049-5604
虻田郡洞爺湖町栄町63番地1
健康福祉センターさわやか内
TEL 0142-76-4363
FAX 0142-76-4368
メールはこちらから

▽洞爺支所
〒049-5802
虻田郡洞爺湖町洞爺町132番地2
TEL 0142-82-5185
FAX 0142-82-5895